ぴーちくぱーちく

32歳 OL 主婦の初めての妊娠の記録です。

MENU

子宮口開かず 緊急帝王切開へ

総合病院で暴れながら先生の診察を受ける。

 

内診してもらったがやっぱり子宮口は3cmから進んでいなかった。

 

分娩監視装置では張りの頻度が早ければ数十秒間でくるようになってました。

 

その度に襲いくる激痛。

看護師さんに「フーって息吐いてごらん」

「好きなだけ叫んでいいよ」って代わる代わる言ってもらうけど、もうパニクり過ぎてなにがなんだか。

 

そうこうしているうちに叔母、母、姉も到着。

 

陣痛が来るたびに背中を撫でたり、腰を押してくれたりするけど、もはや痛みは骨盤を通り越して子宮に直接きてるので骨盤周辺の刺激には痛みを和らげる効果もなく。

 

暴れまわって手を払いのけてしまうことも。。。

 

パニックになりながら、看護師さんに

「帝王切開になりませんか、、、」

 

と泣き声で訴えました。

 

看護師さんが先生を呼びに行ってくれます。

 

先生が来られて再度内診。

 

先生

「希望での帝王切開はできないんです。

そして今、胎児にも特に問題は起きてないんです。

ただ、この病院に来られてから2時間くらい経つけど子宮口はまだ3cmから進んでいない。

異常分娩として手術をすることはできる。」

「一度帝王切開にすると2回目以降の分娩も帝王切開になる。それでもいいか。」

「もう一つの手として陣痛促進剤を使って子宮口を開けるか」

 

と色々言われました。

 

この痛みの中で促進剤を使うなんて耐えられない!!

 

お願いだから帝王切開にしてください。

 

先生には帝王切開を希望して許可をいただきました。

 

夫はまだ少し迷ってるようだったけど、私は書類に震える文字で記名していきました。

 

自分で分かるんです。

このままじゃいつまで待っても生まれてくれないし、自分も赤ちゃんも苦しみ続けるだけだって。

 

子宮口が少しでも開いてくれてたら別だけど、無理やりグリグリしてもらっても2.3cmから進まないし、数十秒ごとに1分以上の苦しみがくるので、もう耐えきれないよ。

 

手術と決まればすぐに着圧ソックスを履かされ、剃毛されました。

 

その間も発作が来るから叫ぶは暴れるわ。

 

でも看護師さん達、容赦ない!!

 

暴れようが素早く剃毛を続け、着々と準備をすすめます。

 

先生が再び現れ、麻酔科の先生やオペ室のナースを集めるので手術は2時間後くらいになると言われました。

 

嘘でしょ!!?猛烈な絶望感!!

 

すぐにでも始まると思っていたのに。

 

泣きながらしばらく待ってたら麻酔の先生が来られて麻酔の説明をしてくれました。

 

そして20分後にはオペが始まるということを教えてくれたのです。

 

心底ホッとしました。

 

麻酔は2種類。

背中に入れて鋭い痛みを消してくれる麻酔。

 

術後の痛み止めとして効くそうです。

 

もう一つは手術中に下半身の感覚をなくす麻酔。

 

痛み止めの麻酔は使わない病院もあるけど、この病院では2種類の麻酔を使うとのこと。

 

説明の最中にも陣痛の発作が起きたけど、先生はその度に説明を止めて落ち着くまで待ってくれました。

 

説明が終わるとすぐに担架に乗せられて、手術の部屋まで運ばれます。

 

私が発作を起こしているうちに夫も沢山の書類にサインなどをしていたようです。

 

手術室の直前まで夫が付き添ってくれたけど、中までは一緒に入れません。

 

運ばれていく私を見て夫はとても不安だったそう。

 

一方私はこの痛みから解放されるということでただただホッとしてました。

 

オペスタート。

 

背中を、丸めて麻酔を打たれます。

 

まずは術後に効く麻酔を沢山打たれました。

 

陣痛が痛過ぎて麻酔の痛みなんて感じません。

 

ここで一回陣痛発作が来て作業ストップ。

 

その後下半身の感覚をなくす麻酔を打ってもらいました。

 

足からどんどん痺れが上がってきて、胸の下あたりまでの感覚が消えました。

 

保冷剤を使ってどこまで感覚が消えてるか確認されます。

 

もう陣痛を感じることもない。

 

解放されてホッとして、嬉しくて、同時にこの10ヶ月のことが思い出されて…

 

手術の怖さは一切なかったけど、一瞬だけ普通分娩で産まなくてごめんね。って言う気持ちになり、自然と涙がポロポロ落ちました。

 

手も固定されているので涙は拭えなかったけど、手術中はずっと静かに泣いてました。

 

先生からメンバーへ手術の流れの説明がなされました。

 

1時間の手術とのこと。

 

始まってしばらくしたら子宮が開いたようでブシュッと水が出るような音が…

 

破水かな?

 

それからもうしばらくすると

 

「もう生まれますよ」

 

という声。そしてその後

 

「生まれました!11時21分、おめでとうございます」

 

の声。

 

赤ちゃんの声も聞こえない。

 

姿も見えない中でしたが無事に出てきてくれたよう!!

 

向こうの方で看護師さん達が洗ってくれたりへその緒切ってくれてるみたい。

 

しばらくして赤ちゃんの元気な泣き声が聞こえてきました。

 

オギャーオギャー

 

ただただホッとしました。

 

早く会いたいよ!

 

赤ちゃんの泣き声を聞いてから実際に自分の目で見るまで、体感ではかなり時間がかかったように感じました。

 

多分実際は10分くらいだったんだろうけど。

 

こうして私は帝王切開でなんとか出産を乗り越えることができました。